スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
見当違いだった
前回の続きです。

このまま通院し続けても、効果はない。と気が付いていた。
にも関わらず、ひと言もアドバイスがなかった。

母 「驚いたよ。今までひとっことも、そんなこと言わなかったからね」
父 「あれだな。病院っていうのは、横のつながりがないものなのかな」

病院に、横のつながりがない事はない。
自分の手に負えないと判断した時は、提携先や大学病院へ紹介したりもする。
医者ってのは基本、自分の専門外の分野には疎い。

見当違いの科へ通院して薬を飲んだって、治癒などしない。
逆に、悪化してしまうケースだって、ごまんとある。
だからこそ「見極める能力」が、重要になってくると思う。
けどそれにしたって。

私 「なんでわかってて、言ってくんなかったの。おかしくない?」
母 「それがねえ。“ 聞かれなかったから言わなかった ”って言うんだよ」
私 「何、その小学生みたいな言い訳」

聞かれなかったから、言わなかった。
言われなかったから、やらなかった。

聞かれない事は、例えそれが「患者の有益になる」としても言わないって事か?
でもちょっと待てよ。あの医者、私が色々と聞いたら怒ったよな。
自分に都合の悪い事を聞かれたから、逆切れしたのか?

だとしたらあんまりだよな。
何年も悩み続けてきた母を見て、なにも思うことはなかったんだ。

しかも病院を移ると決めてから、
「実は、ウチでは治らないとわかってました」
なんて言い出す。どういう事よ。

あの医者に良心というものはないのか。
長年毎月通ってくれる「いいカモ」としか思っていなかったのか。

それか、本当は気がついてなかったのかもしれない。
見当違いの治療を誤魔化すために、言っただけかもしれないよな。
どちらにせよ〝 外れ医者 ″だったって事に変わりはない。


母は、今でも言います。
「あのまま、あの婦人科へ通い続けていたら、きっと私、今頃は死んでたわ」

関連記事
スポンサーサイト


実家のこと | 13:42:17 | コメント(4)
コメント
こんにちは

お母さん、回復されてよかったですね~

聞かれなかったから、言わなかった。
言われなかったから、やらなかった。

これ、役所関係でも当てはまりますよ。
営業が必要ない職業の人はこういうのばっかりだと思います。
2017-06-26 月 09:54:44 | URL | めめこ13 [編集]
初めまして。確かに病気したときどんな医者に巡り会うかで寿命が変わります。私も心筋梗塞で最初の病院の医師の腕が悪かったのでしょう、再び同じところが詰まって結局心臓の筋肉の4分の1が壊死してしまいました。そこの病院では手を打つことができないとのことで別の病院に行きました。その病院の医師の手で詰まったところを一応通して貰いました。とても技術のいる手術です。その医師曰く「最初のステントの入れ方がしっかりしていなかったのじゃないかな」でした。はじめからこの医師にかかっていればととても悔しいです。少なくとも寿命を5年縮めた気がしてます。
2017-06-26 月 19:17:09 | URL | よたろう [編集]
めめこ13 さんへ
こんにちは(^-^)

お返事遅れてスイマセン。

> 営業が必要ない職業の人はこういうのばっかりだと思います。
ですね~。いわゆる「税金」が主たる収入源という職種だと、こうなるんでしょうか。
サービス精神旺盛な医者。
っていうのも、それはそれでちょっと気味悪いですし・・難しいです。

コメントありがとうございました(*^_^*)
2017-06-29 木 10:52:07 | URL | まどりん [編集]
よたろうさんへ
こんにちは(^-^)

はじめまして。
患者たる私達のような一般人は、専門的な事がわかりません。
医者の一言ってとても大きいです。

医者と言っても、名医からヤブまで本当に色々いる。
技術的な差があるのは、どうしても避けられない事だとは思います。
自分が未熟だと気がついたら、その時は他へ紹介してくれるのが一番なんですけどね。

大変な手術をされたんですね。お身体お大事になさって下さい。

コメントありがとうございました(*^_^*)
2017-06-29 木 11:00:53 | URL | まどりん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。