スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
不幸体質が抜けきらない
前回の続きです。

農地を売り、借金を完済した父と母。

しかし。これ以降はしばらくの間、根も葉もない噂を囁かれるようになる。
農地を手放してからというもの、周囲の態度が微妙に変わったそうです。

田舎なので、こういう話はひろがるのが早い。
みんな刺激に飢えてる。変わった出来事があろうものならもう大変。
あっという間に、ご町内ほとんどの人間が知ることとなる。そして。

噂がひろがる途中で、尾ひれがくっつき、実態とはかけ離れた内容となってしまう。
「1億円で畑を売って左団扇になった」
「農地を売ったお金で、豪邸を建てたらしい」

農機具を交換する。車を買う。例えそれが、中古の安い品であっても
「お金たくさん貰った人は違うね~。いくらで売れたの?」
と、やっかみ半分で、痛くもない腹を探られる始末。

怖いよなあ。でも気持ちはわからなくもない。
だってこれは、汗水たらして働いて得たお金じゃない。
どちらかというと、宝くじに近い感覚。ラッキーの一言に尽きる。

「なんであそこんちなんだ。ウチに来てくれば良かったのに」
と、腹の底では思ってる。逆の立場だったら、私だってそう考える。
それでも人の噂も七十五日。やがては関心が薄れていく。

債務弁済という重荷から解放された。
これからは自分の為に働き、好きな事ができるようになる。
ちょうどこの頃、私は妊娠した。じきに、初孫の顔を見せる事もできる。
良かった良かった。と、私は単純に喜んだ。


けれども。そうは問屋がおろさなかった。

なんと、借金完済を境に、母がメンタルを大きく崩してしまう。
この時は、トラブルなどなかった。むしろ、いい事が続いていた。
それなのに、次第に様子がおかしくなっていく。

突然攻撃的になったり、泣き出したりする。
何を思ったのか、いきなりクワを持ち出し、父を追いかけまわした事もあったという。
母曰く 「自分でもわからない。きっと、頭がおかしくなってしまったんだ」

自分で自分の心を持て余している様子だった。
父も困り果てていた。原因がさっぱりわからなかった。ただ、この時。
農地買収の際、電力会社の人が発した「最後の言葉」を思い出す。


今までご苦労され、大変でしたね。でも、本当に大変なのはここからです。
中には、安心してガクッと来る人もいます。くれぐれも気をつけて下さいね


突然の大金を手にして、身を持ち崩す。自分を見失う。気が抜ける。
そうなってしまう人は、思いのほか多い。頭ではわかっていた。
けど、どこか人事のように感じていた。ウチは大丈夫、と。

甘かった。こういう事だったんだ。
先方はたくさんの事例を見てきている。その上での忠告だったに違いない。
張り詰めていたものが、急に無くなってしまった時の人間は脆い。

苦労を重ねてきた人は、逆境への耐性がついてる。
けど。突然の幸運に対してはどうだろう。

歯を食いしばり、じっと我慢し続ける。という、これまでの思考パターンから脱却する。

それは思ってるより、難しいものなのかもしれない。

続きます。


関連記事
スポンサーサイト


実家のこと | 08:16:09

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。