FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
潰された花畑
前回の続きです。

この借金を抱えるまで、ウチの実家は「出面さん」を雇っていました。
出面さんというのは、農作業をしてもらうパートさんのようなものです。
春秋の農繁期には、いつも2~3人の方に来てもらっていた。

けど借金してからは、この出面さん達の出入りがぱたりと消える。
人を雇うためのお金が惜しい。出来る事は自分達だけでやっていく。
そして一日も早く借金を返済したい。そう考えた。

よって、20ヘクタールの畑を全部、父と母の2人で管理するようになる。
土地の広さは倍だけど、仕事量は倍どころじゃない。
しかも遠隔地なので、農機具やトラクターの運搬もある。
取り扱う作物を厳選しなければ、仕事がとても追いつかない。

それまでウチは、いろんな作物を作っていました。
穀物の他に、スイカやメロン、ホワイトアスパラなど多種多様だった。
まだ小さかった私だけど、この頃のことはよく覚えています。

収穫したスイカを一緒に磨いたり、シールを貼るお手伝いが楽しみだった。
メロンやスイカの赤ちゃんを飽きることなく、じーっと見つめていた。
こんもりした土の中から、ホワイトアスパラを探すのが面白かった。

そして何より。
活き活きと畑仕事をしている、父と母の姿を見るのが大好きだった。

けれども、こういった手間ひまのかかる作物は、全て一掃してしまう。
その後は主に、じゃがいもや小麦、スイートコーンやてん菜を作付けするようになる。

少々、手荒に扱っても傷がつかない作物。人の手を煩わせない作物。
機械で植えて、機械で収穫できる。そういった作物へどんどん転換した。
そこに「自分の好きな作物を育てて、収穫する楽しみ」はない。

変わったのは、畑だけじゃない。
身の回りのちょっとした事も、気が回せなくなっていった。

当時、ウチの家の前には、大きな花畑がありました。
手毬肝木やライラック、ツツジやユキヤナギ。他にもたくさんの花があった。
咲き誇る時期は、それはもう見事でした。毎年、開花を楽しみにしていた。

けれども。この花畑は、ある日突然無くなってしまう。
木は全部引き抜かれ、花達は土の中へ埋められてしまった。
父 「これからもう、手入れする時間がないから花畑は潰した」

後にはトラクターでならされた、何もない更地だけが残った。
昨日まであったはずの花畑を眺め、茫然とした記憶があります。
仕方がなかった。でもこの変化を見て、子供ごごろに悲しくなった。

でもそう思っていたのは、私だけではないはず。だって。
今、実家の家の周りは、たくさんの花が植えられている。
借金が無くなり、ゆとりができた頃から、再び花を愛でるようになった。

たまに実家へ行き、このたくさんの花を見て、今更ながら思います。
あの時、どんな気持ちで花畑を潰したんだろう。と。


続きます。
関連記事
スポンサーサイト


実家のこと | 08:08:37

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。