FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝から大騒ぎ
つい先ほどのことです。

毎朝7時には、一緒に家を出ていくダンナと娘。
ところが今日は一旦家を出た後、10分も経たないうちに戻って来ました。
なんだ?忘れものか?と思ったら違った。

驚くことに、娘がちっちゃいワンコを抱っこしていた。

ダンナ「会社行く途中で犬拾った!」

どうやら信号待ちしてる時に、横の道路からピョコピョコ走ってきたらしい。
でも飼い主はどこにも見当たらない。首輪もしていない。
ちょうど通勤時間帯で、車が多く危ない。このままだと轢かれてしまう。
そこでつかまえ、ひとまずウチへ連れてきた。とのこと。

見ると、野良ではなくどこかの飼い犬っぽい。きっと迷い犬だ。
吠えないし、噛まないし、大人しく人懐っこい。こちらの顔をじっと見つめてくる。
毛並みもちゃんと手入れされてる感じ。

ダンナ「飼い主の人、探してると思うから警察届けてあげて」
私  「うん。わかった」
ダンナ「じゃ、俺ら出なきゃいけないから、あとよろしく!」
娘  「どうなったか、後でLINEで教えてね!」

そう言い、嵐のように再び家を出て行きました。
ちなみに、我が家には14才のコーギーがいます。
大人しい子なのでケンカはしないと思うけど、念の為、迷い犬はゲージへ。

とりあえず、ワンコ達にはお留守番しててもらうことにします。
私はすぐ、自転車で近所の交番へ届け出に行きました。
交番にいたのは、まだ20代くらいの若いお巡りさん。
迷い犬を拾った経緯を説明すると、まず最初にこう聞かれました。

警察「そのワンちゃん、お宅で飼いますか?」

いや。あの子は完全にどっかの飼い犬。ウチで飼うなんてとんでもない。
ちょっとしか見てない。でも、とっても可愛がってもらってる感じの子だった。
飼い主は、きっと今頃必死に探してるに違いない。そう言うと

警察「わかりました。では、動物一時預かり書を作成することになります」
私 「はい」
警察「ちょっと時間かかりますけど大丈夫ですか。これからお仕事では?」
私 「仕事はしてますが、午後からなので大丈夫です」

そう言うとお巡りさんは、安心したように、預かり書の作成を始めます。
住所・氏名・連絡先を伝え、拾った場所&日時をお伝え。
しかしその後、ちょっとした問題が発生。

この預かり書に、拾ったワンコの犬種や性別・大きさや毛色を事細かに記さねばならない。

警察「犬の事って、詳しいですか?種類とかわかりますか?」

ウチもワンコは好きだし飼ってる。でも犬種については、あまり詳しくない。
はて。あの子はどんな犬種だろう。考え込んでしまった。
ちなみに、こんな感じの子でした。かわいいの~

IMG_20170530_071704.jpg

考えてても埒が明かないので、写メを見せようとすると

警察「あ、これから私が引き取りに伺います」
私 「いいんですか?私がこちらへ連れてきてもいいですけど」
警察「大丈夫です。パトカーで行きます。ワンちゃんは車に乗せてきます」

はあ。そうっすか。
ということは、パトカーがウチの前に横付けされるという訳ですね。
ご近所さんの目が気になるとこだけど、まあいいか。

という訳で。
自転車に乗った私が、自宅へミニパトを誘導する。
という、滅多に出来ない経験をする事になりました。

続きます。

関連記事
スポンサーサイト


日常のこと | 10:08:56

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。