スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
書ききれない職務経歴
今まで、二桁以上の会社で仕事をしてきたワタクシ。

直採用された会社では、長く勤めてきました(それでも5~6年くらい)。
けど派遣で働いてた時期は、コロコロ職場を変えてきた。
長くて2年。短いとこだと、半年ほどしか勤務していない会社もある。

派遣社員として働いてた期間は、10年ほど。
この10年の間に、述べ8社ほどの会社で勤務していた。

こうなると、履歴書の経歴欄に書く分量も多くなってしまう。
どの会社にいつからいつまで勤めたか。所属や職種は何か。
正直、これを書くのが非常にめんどい。

直近のものは覚えてても、何年も前ともなると
「はて。ここって何月に入社したっけ」
と、曖昧な記憶と、社会保険の入脱退日を頼りに書いていく事となる。

履歴書を書いてて困るのが、この職歴問題。
市販のものだと、せいぜい5~6社分しか空きスペースがない。
当然の事ながら、職場を転々としてきた私は全てを書ききれない。

仕方がないので、一度試しに学歴をすっとばして、いきなり職歴だけを並べてみた。
短期を省いて、1年以上勤務した会社だけをピックアップしてみたりもした。
けどやっぱりダメ。どう頑張っても、経歴欄からはみ出てしまう。

さてどうしよう。どっか適当に、端折ってしまおうか。
いや待てよ。抜いてしまうと、仕事をしてない期間だと思われてしまうか。
などと悶々と考え、友人のアキちゃんへ相談したのが10年前。

彼女も私同様、これまで派遣で様々な会社を転々としてきた。
なんかいい知恵があるだろう。
そう思って聞くと、イイ事を教えてくれた。

アキ「そういう時は、職務経歴書の方に書けばいいんだよ」
私 「職務経歴書?へーそんなのあるんだ。職歴だけ書くってこと?」
アキ「そうそう。便利だよ。市販のやつに書いてもいいし、自分でPCで作ってもいいし」

そうか。そっちに詳細を並べておけばいいのか。
しかもPCだから、ミスっても訂正できる。これはいいかも。
この方式を教わって以降は、履歴書に長々と書くのを止めました。

履歴書には、直雇用で勤務した会社だけを書く事にした。
その代わり、派遣勤務をした期間は、全て職務経歴書に並べてみる。
おかげで記入する量も減り、仕上がりもスッキリしたものになった。

こうすることによって、全部データで残るのも良かった。
数年経って、また求職活動をする際はこれを見ながら履歴書を書けばよい。
と思っていたら。

5年前、PCが突然クラッシュしてしまった。
ウンともスンとも言わない。そこで仕方なく、初期化することに。
当たり前だけど、中のデータはパア。なにひとつ残らない。

この職歴データはハードディスクにしか保存してなかった。
しまった、と思ったものの後の祭り。

再び記憶を辿り、社会保険の加入歴を眺めつつ。
一から、職歴データを復元するハメとなったのでした(´;ω;`)
関連記事
スポンサーサイト


仕事のこと | 08:58:26

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。