スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
履歴書を書くのって疲れるよ
これまで、多種多様な会社を転々としてきました。

一番多かった雇用形態は派遣です。
なぜ派遣かというと理由は単純。履歴書を書かなくて済むからです。

けど。「派遣35才寿命説」という都市伝説は本当だったのか。
40才近くになったあたりから、次第に紹介してもらえる案件が減ってきた。
仕事がないわけではない。あるにはある。

ただ、特別なスキルも能力もない私。
紹介してもらえるのは、ほとんどがコルセン系の案件ばかり。

コルセンでもいいけど、ネックは土日祝日勤務しなければいけないところ。
現場によっては、夜9時10時までなんてのもある。
当時娘はまだ小学生。できれば土日は休みたい。夜の勤務も避けたい。

そこで、派遣で働くことを諦め、パートで仕事を探すことにしました。
この時に、久しぶりに履歴書を書くようになるのです。
正直「パートだったらすぐ決まるだろ」と、考えていた。

でも甘かった。
パートとはいえ、1社だけの応募で雇ってもらえはしない。
採用が決まるまで、いくつもの会社へ履歴書を出しました。

履歴書ってのは、真剣に書こうとするとえらい時間がかかる。
集中して書くけど、途中どこかでミスってしまう。
特に、私にとっての難関は「職歴欄」。ここが一番嫌い。

年と月を間違えたり、前株と後株を書き間違える。
学歴の後の職歴見出しを入れず、そのまま記入していく。
なんてやらかしてしまう。

書き始めでのミスならまだいい。
一番こたえるのは、最後の志望動機あたりでの書き間違い。
「あともうちょっと」の段階でミスると脱力してしまう。

本当は余計なことを書かなければ、ミスもしないのだろうけど。
「履歴書は、埋めれるとこは全部埋める方がいい。空白は作らない方がいい」
と聞いたので、ありもしない特技やら、心にもない志望動機を書くハメになる。

履歴書のスタイルによっては「自覚してる性格」
なんてことまで書かなくてはいけない。これも困る。
「性格ってなんだよ。まじかよ。こんな事まで書かなきゃいけないのか」
と、うんうん悩みながら、絞り出すように書く始末です。

間違えたからといって、修正ペンは使えない。
1文字でもミスると、また一からやり直し。これがもう疲れるのなんの。
応募自体をやめてしまおうかと思ってしまうほど(笑)

なので求職活動をする際は、5~6枚ほど履歴書を書きためておきます。
これだったら、はい次。はい次。とすぐ応募できる。
でも、こうやって準備万端な時に限って、すぐ決まる。

一体なぜなんだ。不思議で仕方ありません。

関連記事
スポンサーサイト


仕事のこと | 09:03:02

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。