FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
順番は大事
ウチのダンナは、野球もサッカーも見るのが大好き。
テレビはもちろん、年に1度は必ず観戦に行きます。

対して、私は特に興味がない。娘も同様です。
誘われれば行くし、行ってしまえばそれなりに楽しむ。
けど、わざわざ自分から行こうとは思わない。

そんなダンナが、先週野球のチケットをもらってきた。
試合の日程は5月28日(今日)。午後2時からプレイボール。

しかし。チケットは2枚しかもらってない。
1人行けない人間が出てくる。追加で一枚買ってもいいけど、席が離れてしまう。
ダンナは当然行くので、私か娘のどちらかがあぶれてしまう。

どうすんのかな。
と思っていたら娘へ週末の予定を聞きにいきました。

ダンナ「お前さ。今度の日曜って、部活か?」
娘  「今度って28日?うん。その日は、夕方まで部活あるよ~」
ダンナ「そうか。じゃあ、その日パパとママ、野球行っても大丈夫だな」

何がどう大丈夫なのかわからないけど、さっさと結論を出すダンナ。
しかし。こう告げた瞬間、娘の顔色が若干、曇ってしまた。

娘  「え。何。2人で野球見に行くの?」
ダンナ「そう。チケットもらったんだけど、2枚しかないからさ」
娘  「ああ~・・・そうなんだ」
ダンナ「デーゲームだから夕方には帰るけど、一応家の鍵は持っていけよ」
娘  「・・・わかった」

あ。いじけたな。
行けないのはわかってるけど、誘うだけ誘ってほしかったんだ。
行く行かないは関係ない。最初から頭数に入れてもらえない。
というのは、ちょっと癪にさわるからな。

すると翌々日。
「ママ!6月に私も、友達と野球見に行くから(`・ω・´)」
と、娘がいきまいて学校から帰ってきた。

私 「なに。突然どうしたの?」
娘 「学校で、チケット招待券配ってくれるっていうから行くことにした!」
私 「ああそう。行っといで。けど、アンタ野球そんなに好きだっけ?」

ここで娘、本音をぽろり。
娘 「だってさ。パパ達だけで野球見に行くんでしょ。悔しいから私も行くことにした」
私 「やっぱいじけたんだ。そうかなとは思ったけど」
娘 「うん。行けないから仕方ないけど。でも、なんかカチンときちゃった」

なるほどね。物事ってのは、言う順番が大切なんだな。
「今度の日曜、部活か。じゃあ俺達野球行ってくるわ」じゃなく
「今度の日曜、野球見に行くけど、予定はどうだ?行けるか?」

と聞いておけば、ヘソを曲げなかったのか。
けど「部活だけど、行きたい!」と言われても、それはそれで困っただろうし。
難しいなあ~。


関連記事
スポンサーサイト


日常のこと | 09:11:17

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。