スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
久しぶりの発熱
我が家の娘は、健康優良児です。
小学5年から今まで約6年間、ずっと皆勤を貫き通してきました。

そんな娘が、先週38.5度の熱を出しました。
ここまで本格的に発熱したのは、かなり久しぶり。
学校を休むのも6年ぶり。なので最初は

娘 「学校へ行くだけ行く。ダメだったら帰ってくる(`・ω・´)」

気合いを入れ、身支度を始めようとします。
しかし明らかにふらついてた。顔色も芳しくなかった。
とても家から出せる様子じゃなかったので、半強制的に休ませました。

症状は、熱・頭痛・鼻水。咳はない。食欲もイマイチ。
聞くと、少し前に学校でインフルエンザで欠席した子がいるとの話。
もしインフルだったら大変。そこで、近所の病院へ連れて行きました。

ただ。行ったはいいものの、インフルは症状が出てすぐだと判断がつかない。
そこで、風邪薬を何点か処方してもらい、様子見となりました。

処方された薬は、総合感冒薬・抗生剤・鼻水止め・解熱剤。全て錠剤。
「お薬飲んでも、熱が下がらない・苦しいようだったらまた来てくださいね」

と、看護師さんに言われ病院を後にしました。

家へ帰り、すきっ腹に薬はよくないので、軽く食事を取ってもらいました。
そして、いざ薬を飲もうとしたその時です。
薬を見た娘が、絶望的な声を出します。

娘 「どうしよう。飲めないかもしれない」
私 「え?なにが?」
娘 「薬が大きすぎて、飲み込める自信がない・・・」
私 「うそでしょ?昔、インフルなった時、飲めてたじゃない」
娘 「うん・・・でも、飲み方忘れちゃったかも」

うっかりしてました。
確かに。言われてみれば、薬を飲む機会がここ数年なかった。
昨年、ぶっ倒れて病院へ行ったけど、薬は処方されてない。
生理痛がない体質なので、痛み止めを飲むこともなかった。

今回、処方された薬はどれも大粒の錠剤でした。
バファリンをちょっと小さくした位のサイズ。
失敗したな。「お薬飲めたね」も一緒に買っておくべきだったのか。

私 「ゼリーと一緒に飲んでも、無理そうかい?」
娘 「うーーん・・・。チャレンジしてみる」

そう言い、ゼリーの間へ薬をはさみトライしてみるものの。

娘 「ダメ。薬だけ残っちゃう」
と吐き出した。その後も何度かチャレンジしてみるものの。

娘 「ママ~。どうしよう(´;ω;`)。本当に飲めない。砕いちゃダメ?」

見ると、娘の手には溶けて小さくなった薬が乗っていた。
ゼリーと一緒でもダメなのか。アイスの方が良かったのかな。
どうすりゃいいんだ。薬って砕いて飲んでもいいものなのか??

まさか、高校生にもなって
「薬が飲めない」
などと言われようとは、思ってもみなかった。

続きます。
関連記事
スポンサーサイト


ムスメのこと | 06:40:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。