スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
騙す側、騙される側
前回の続きです。

これって架空請求だ。

巷で騒がれてた時期だったので、すぐわかりました。
電話口の向こうからは、たくさんの人の喋る声が聞こえてきた。
同時進行であちこちに電話しまくってる感じです。

どうしよう。コレ絶対詐欺だよな。とっちめてやりたい。
振込むとか、支払うとかは絶対言っちゃいけない。
そう思いながら、相手の男性へ言いました。

私 「ちょっと主人に確認してみます。それから折り返しご連絡します」
男性「は・・・はあ」
私 「ですから、そちらの電話番号と、あなたのお名前を教えていただけますか」
男性「は・・はい。しょ、少々お待ち下さい」

そう言うと、保留になってしまった。
どの位待ったか。多分2~3分も経ってない。
この時、私は警察へ通報する気満々でした。

さっさと言え。言ってくれ。そっちの電話番号教えろ。
そしたら、すぐ警察へ情報提供してやるから。
と、わくわくしながら待っていましたが。

いきなり電話が切れてしまった。
しばらく、電話が鳴るのを待ってましたが、ウンともスンともいわない。
そして、この架空会社からは二度と電話がかかってきませんでした。

詐欺電話が来ないのはいい。
でも何故、向こうはウチの名前を知ってたんだろう。気持ち悪いな。
と疑問に思っていたら、後になり原因がわかりました。

ダンナが使ってるカード会社から、個人情報が漏れていたのです。
このカード会社から流出した顧客情報は数万件単位だった。
テレビでも大々的に報道されました。

多分、この電話をかけてきたのは新人くんだったのでしょう。上の人に
「折り返すって言ってるけど、こっちの電話番号教えてもいいんですか?」
とでも、聞いたのかもしれない。

でも向こうは、悪知恵がはたらく集団。
うるさい事を言ってくる、金を落とさない人間に用は無い。そう考えてそう。
「いいから、もう切って次へ行け」
きっとそんな事でも言われたんだろうな。

実際、私がテレアポ(FX勧誘)の仕事をしてた時はそうだった。
「客にならない・金にならない」時はさっさと見切りをつける。
見込みのない人間は相手にせず、1件でも多く電話する。

どうして、振り込め詐欺に簡単に引っ掛かるんだろう。そう思ってた。
でも、テレアポの仕事をしてみて、その理由がなんとなくわかった。

1本の電話をきっかけに、相手から大金を出させる。
そこに至るまでの過程を見る事が出来た。これはとても勉強になった。

方法は年代や属性によって、事細かに分析・蓄積されていました。
蓄積データは、マニュアル・シナリオ化され全ての人に降りてくる。
あとはこのシナリオを元に、ローラー作戦開始。

ただ確率はとても低い。100人に電話して、話を聞いてくれるのは1人2人。
契約に至っては10000人に1人いるかいないかという感じ。
でも。それでもいるんです。ちゃんと契約してくれる人が。

聞いた事もない会社から、ある日突然電話がかかってくる。
見ず知らずの人間が勧める儲け話を信用して契約する。
その数の多さに私は驚きました。

関連記事
スポンサーサイト


過去のこと | 09:09:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
嘘の様な本当の話!です。
えいしんです。

私も、たまたま、母親の家に遊びに行った際に、
「オレオレ詐欺電話」を体験しました。
でも、母親は、いきなり「自分の名前を言う」し、
何か聞き取れない声らしく、私の兄の名を呼ぶし、
詐欺電話の相手には、「好都合の情報」ばかり
流してました。
そして、私が、おもむろに、「電話代わって!」と
電話を取って「あんた、誰!、名前を名乗れ!」
と、大きな声で叫ぶと、しばらくの空白の後、電話が
切れて、以降、同じ電話は、1回も無いそうです。

要は、1回、きちんと拒否すれば、2度と来ないのが
「詐欺電話」なのでしょうか?

それでは、お疲れさまでした。
2017-03-12 日 06:24:32 | URL | えいしん [編集]
えいしんさんへ
こんにちは(^^)

意外と、遭遇してる方って多いんですね。
未遂で済んで、なによりでしたね。
えいしんさんがいらっしゃらなかったら
どうなっていたのでしょう…。

昔は家の電話を取る時、名乗るのが常識でした。
でも今は、物騒になり時代も変わった。
名乗って電話に出るのは、危ないですよね。


> 要は、1回、きちんと拒否すれば、2度と来ないのが

詐欺電話をかけてる方も、手当たり次第でしょうから
「ここ、息子と同居してるぞ」とか
「なんだか、面倒くさそうだぞ」
と判断したら、わざわざ二度もかけてこないんでしょうね。

年配者は耳が遠い事もあり、恰好のカモですしね。
私が昔働いたFXの会社も、60才以上の人達をターゲットにしてました。
加えて「子供と同居の有無」は、とても重要なファクターでした。

同居する・しない。子供へ相談するしない。
たったこれだけの事ですが、影響はとても大きかったです。

コメントありがとうございました(*^_^*)


2017-03-12 日 18:11:47 | URL | まどりん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。