スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
エステと借金と私 その3【追記あり】
お恥ずかしい話ですが、私はクレジットの仕組みを全然わかってませんでした。
話を聞きながら、ぼんやり

「お金無い時は、相談すれば待ってくれるのかなあ。
途中でやめたら、残りの回数分は返金してくれるのかな」
などと、甘い事を考えてました。

当時の私の給料は月に手取りで約10万円。
寮住まいの為、家賃や光熱費はかかりませんでした。
贅沢しなければ、貯蓄もして充分余裕のある生活ができた。
こんなものに、お金を使わなければ、の話ですが。

エステの契約は90万円ですが、分割で支払うので手数料が10万ほど。
頭金を5万円入れ、月々4万5千円の20回均等払い。
支払総額合計は100万超えました。。
カタカナで言われるとなんか、軽く感じます。でもこれ借金です。日本語で言ってくれよ。

この契約をした時、私はまだ19歳でした。
未成年なので当然、親の承諾が必要だった。
なのに

「保証人欄に親御さんの名前書いてね。大丈夫よ。連絡は行かないから」

本来であれば、親が署名しなけれないけないのに私が代筆。
そして、親に承諾の連絡も取らない。
とんでもないですよね。これ、ゴネれば契約自体無効になる話です。

今こうして書いてて、段々腹がたってきました。
アホだ私。



続きを読む >>
スポンサーサイト
自分の事 | 07:28:14
エステと借金と私 その2
一番最初にサロンへ行った時の事です。
私は5,000円を支払えば、その場ですぐ施術してもらえるものだと考えてました。

でも、いざ行ったら責任者のようなおばチャン(40才位)が出てきて
「施術の前にカウセリングをします。ではまず体重を量りましょうか」
・・量りましたよ。50キロでした。
あと、ウエストと太ももも計測しました。
ちなみに私の身長は157㎝です。
痩せても太ってもいない、ごくごく標準体型といったところでしょうか。

だがしかし、おばチャンは辛辣でした。
「今の体重だとちょっと多いわね。アナタの身長だと45キロ位が理想ですよ。」
美容体重ってやつですね。でもですね。
そのおばチャン、どう見ても私より太ってます。
顔はアンパンマンみたいだったし、お腹も出てた。

今の私なら絶対言ってやるのに
「お前が言うな(`∀´)」と。
でもその当時の私は
「年を取って太るのはいいけど、私の年齢でこの体重だとまずいんだ」
と思ってしまったんです。何故だろう?

で、理想体重まで落とすには100回位通ってもらわないといけない。
5,000円というのは、あくまで契約してくれた人に対するサービスだ。
今は、キャンペーンをやってるので特典がついてお得だ。
その他にもいろいろ、まくしたてられたような気がしますけど、
今となってはよく覚えてません。

そして、契約書を持ってきて
「じゃあ、ここに記入してね」
と言いながら、ペラペラ説明を始めました。
この説明もよく覚えてません。何故なら契約金額に目が釘付けになったから。
金額は90万円、となっていました。

90万円の契約の内訳は
施術100回分+5万円分の美容クリーム

勿論、私はこの金額にビビりました。
「こんなお金ないです。払えません」
と断ると、おばチャンは爽やかに言いました。
「大丈夫よ。クレジットがあるから」


自分の事 | 07:37:43
エステと借金と私
私は雪深いド田舎で育ちました。
どの位田舎かというと、

上下水道が通ってない、トイレは汲み取り
テレビの電波が全局届かない(今は大丈夫です)
新聞が家まで配達されない
ゴミの収集が来ないので、自分で収集所へ持ち込む
家に鍵をかける習慣が無い

実家は農家を営んでます。今も。
私は高校卒業後、実家を出て東京の専門学校へ進学し、就職。
社会経験もなく、いきなり東京デビューした私は上京後、たくさんの失敗をしました。
一発目の失敗は、上京後2年目の夏です。

何気なく目にした1枚のエステのチラシ。そこには
「新規の方限定、5,000円で8回まで施術できます」
こんな内容が記載されていたと記憶してます。

その当時、痩せたいとかキレイになりたいとか全然思ってなかった。
なのに何故興味を持ったのか。自分でもいまだに謎です。
でも、
「この値段だったらやってみたいなー」
なんて思い、気軽にサロンへ行ったのが全ての間違い。

結果的に、5,000円どころか100万円の契約をするハメに。
20歳そこそこの小娘です。そんな現金持ってなかったので、
クレジットローンの契約までして支払うことに。

続きます。

自分の事 | 07:49:25
運動神経は親に似る
私は運動が苦手です。
特に球技。あれは私の天敵です。

ダンナは運動がキライです。
体型が如実に物語ってます。

こんな私達の娘は、それはもう見事な運動音痴に育ちました。

運動会の徒競走は安定のビリ争い。
逆上がりも、開脚前転も後転もできない。

自転車の補助輪が外れたのも
泳げるようになったのも
他の子より大分、遅かった。
球技も苦手です。

体育の授業がソフトボールだった時の話です。

「なんか、私が打席に入るとみんな笑うんだよね(´;ω;`)」
なんとなく想像できます。
きっと面白いフォームなんでしょう。

打席はまだいい方。守備は目もあてられません。
私「フライとか取れるの?」
娘「まさか!こわいから逃げるよ。当たったらケガしちゃうもん」
斬新な発想です。完全にルール無視だよ。



ムスメのこと | 06:06:54
お願い痩せて
ダンナは食べる事が大好きです。

結婚してから、21年。今まで
「食欲ないから、ご飯いらない」
という台詞は数回しか聞いた事がありません。

風邪をひこうが、こじらせて肺炎になろうが
歯医者行って、麻酔打たれてガリガリ削られようが
きっちりご飯とおやつを欠かさず食べます。

毎日帰るコールをしてきますが、必ず
「今日の晩御飯なに?おやつなに?」
休日は休日で朝早くから
「おなかすいたー。飯食べたい。早く起きて」
ご飯食べて5分もたたないうちに
「おやつなんかあるー?」

アナタの胃腸は、常に動いてないと落ち着かないんですか?

こんな調子なのでお米の消費量も激しく
私・ダンナ・娘三人しかいないのに、一食分で3合ご飯を炊きます。
しかもダンナは必ずおかわりをするので10㌔のお米が2週間持ちません。

おかげ様で、着々と大きく大きくなってきました。
第3次成長期のようです。
ここ数年の成長の証しがこれ

IMG_20160826_075717.jpg

腰痛が治らないわけです。
でも血圧なんかは普通なんですよね。
さすがに血液検査は、いくつか要観察がありますけど

IMG_20160826_075731.jpg

コレステロールのLH比率が気になるところですが
それでも年齢と体重を考えると、踏ん張ってる方でしょうか。

最近はこんな事言います。
「ライザップやってみたい」
(゚Д゚)エッ!?
詳しく知らないけど高いんだよね?

それよりお金を払って痩せる
という、その発想自体がもう違う気がする・・



ダンナのこと | 10:10:09
凶運の持ち主
おみくじで凶を引く確率ってどのくらいなんでしょうか。

私は今まで4回ほど。
しかも人生初の凶は結婚した年に引いてます。
ちなみにダンナは大吉でした。

その時は本気で
「この先、この人に私の運を全部持ってかれてしまう」
と思いました(゚∀゚)そんな事あるはずないんですけどねー

そんな私の血をひいたのか、
娘は15歳にして、もう既に3回も凶を引いてます。
初めての凶は小学6年の時に浅草の浅草寺にて。
引いた瞬間
「え・・???なんで!?⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ」

よせばいいのに
「もういっかい引く!!」
また凶出たら立ち直れなくなるからやめなよー
という私達の言葉を無視して再トライ。
そして2回目の結果も

ばっかだなあ。自分で傷口に塩をぬりこんでるよ。

IMG_20160822_101900.jpg

いやあ。こんな事ってあるんですね。
ある意味すごい。こんなの狙って出せるものじゃない。
別な意味で運があるんじゃない?
さすがに3回目にはチャレンジしませんでした。

3度目の凶は中学2年の時。
前回の教訓から、2回引くような愚挙には出ません。
学習したようです(゚∀゚)

今年は入試前だったので
おみくじ引くのやめたら?と言いましたが
「大吉が出るまで何度でも引いてやる」
        ↑
  (それ意味あんの?)
と言いながら一回目で無事大吉を引き当てました。


ムスメのこと | 07:43:11
弟は自閉症 続き
弟は自閉症ですが、障害の程度としては
やや重度といったところでしょうか。
勿論障害者手帳も持ってます。

最初に発達が遅いと指摘されたのは1才半検診の時。
それからあちこちの病院へ行き検査を受け出た結果が
「自閉症の疑いあり」

でも両親はその時はまだ、自閉症は「治る病気」だと思ってました。
最終的に、わざわざ東京の病院と養護学校へ出向き、
自閉症が療育・訓練によって、社会生活を過ごしやすくする事はできるが

「完治することのない知的障害である」
と言われるまでは。

ウチの親もそうでしたが、健常者ではない子を持つと色々考えてしまいます。
「何が悪くて、こうなってしまったのか?」
「私達に何か悪い血が流れてたのだろうか」
「なぜ、ウチだけが」

そしてやがてこう決意します。
「この子より先には死ねない。たとえ一日でもいいから後に死にたい」と。

若い頃、私とすぐ下の弟は両親からこのように言われました。
「私達にできることは全部準備して、お前達には負担をかけないようにする。
こういう子が兄弟にいると、もしかすると結婚は難しいかもしれない。
迷惑をかけて、本当に申し訳ない。」

現在、弟は家の近くの施設に入所しています。
両親は早い時期から入所の申し込みをしてました。
けど、なかなか空きが出ず、入所まで10年以上待ったはずです。
基本、施設で生活をして盆や正月、大型連休の時などに実家へ帰省します。

親が存命のうちはこういった事をします。
でも、親が亡くなったあと、施設に入所してるほとんどの人達は
親族が面会に来ることもなく。家に遊びに連れていくこともなく。
死ぬまで施設に預けっぱなしになる。

寂しい思いをさせたくない
一人ぼっちにさせたくない
そして

残された兄弟に迷惑かけたくない
ウチの親だけはなく、施設に預けてる親御さんは皆さんそうおっしゃるそうです。

弟の障害が発覚した当時は私も
「なんで普通じゃない弟が生まれちゃったんだろう。いなくなっちゃえばいいのに」
なんて思いました。でも今は

「この子のおかげで、親は気を張って長生きしてくれる。悪いことばかりじゃないな」
と思えるようになりました。
こういう境地に至るまでそれこそ長い年月がかかりましたが。


実家のこと | 07:01:52
弟は自閉症
今日はちょっと真面目なお話。
少々長めですがご容赦を。

私には弟が二人います。
すぐ下の弟は普通ですが、末っ子の弟は自閉症という知的障害を持ってます。
末っ子と言ってももう38才。いいおっさんです。現在は施設に入ってます。

今は大分、認知されてきましたが、昔は知らない人も多く、私は学校で
「お前の弟、キチガイなの?」
「頭おかしいよなー、お前の弟」
などと言われたものです。

母も
「育て方が悪い」だの、
「妊娠中の生活が悪かったからこういう子が生まれたんじゃないか」
と随分な言われようでした。

彼は身の回りの事は自分でできますが、
コミュニケーション能力がありません。
私「今何歳?」
弟「いまなんさい」
こんな調子で会話は全てオウム返しです。

自分の希望を言う、とか
人の顔色を見る、とか
相手の事を考える、とか
社会生活を送る上で必要な概念が欠落してます。

彼が青年期の頃の話です。
母がお風呂で襲われそうになったそうです。
「女」として。
幸い、父が止めに入りきつく叱ったので、以後そのような事はなくなったそうです。

私はその頃もう実家を出てました。
長期休暇時によく実家へ帰ってました。
でも彼の性欲が強かった時期は、来ない方がいいと言われました。

この話を聞いたとき、
正直、私は自分の弟だけど気持ち悪い、こわい、と思ってしまいました。
自閉症者も性欲ある。本能なので当然の事です。
でも、私はこの事実を受け止めるのに、とても時間がかかりました。

こういう彼ですが、
「ダメなものはダメ」
と辛抱強く言い聞かせると、我慢できるようになります。



実家のこと | 08:02:11
ギャンブルとダンナ
私はケチなのでギャンブルはしません。
ダンナと会うまで、競馬もパチンコも宝くじもやったことなかったです。
だって、どう考えても収支をプラスにするのは難しい。

あんなもの、最後の最後は胴元だけが儲かるような仕組みになってる。
それが証拠に、競馬場やパチ屋さんの設備の豪華な事。
求人を見たって、この種の業種は給料がそこそこ高い。

これらの原資はみな「負けた人のお金」
ちょっと考えれたらすぐわかりそうなものなのに。

対してダンナはギャンブル大好き。
出会った頃の彼は
競馬に狂って負け続け
キャッシングまでして馬券買って借金して
借金を返済するためにダブルワークして
それでも追い付かない為、所有してた車を売ってやっとキレイな体に。

さすがに今は家庭があるのでそこまでのめり込みません。
今はボーナスが出たら彼のギャンブル用口座に5万ほど入金して、それでやりくりしてもらってます。
過去こんな痛い目にあってますが、今も競馬は大好きです。

普段は自宅のパソコンのPAT投票でチマチマ遊んでますが、
必ず1年に一回「馬にあいさつに行こう(*`・・´*)」

と競馬場へ足を運ぶのです。
一人で行けばいいものを私もかり出されます。

普段おしゃれに無頓着なダンナですが、この日だけは別。
お気に入りの洋服を着て、頭もキレイにセット。
たかが競馬場行くのになんでそこまでするのか不思議に思い聞いたら

「馬に失礼だろ。ちゃんとしてかないと」

徹底してます。私と出掛ける時はそんなに気合い入れてくれないですけどね。
私には失礼じゃないけど、馬には失礼なんですね。私は馬以下でしょうか。

ちなみにダンナ、馬刺しは絶対食べません。
馬への並々ならぬ愛情が見てとれます(。-_-。)


ダンナのこと | 08:49:15
娘の黒(?)歴史
娘が中学1年の時の話です。

保健体育の授業で「あなたの長所と短所を書いてください」
とプリントを渡され、迷いに迷って書いたものがこれ
            ↓
長所は腕です。短所は首です。

・・・・意味を知らなかったんですね。
単純に身体の部位の事と思ったんですね。

でもそれだったら、長所は足だよね?
あなたは足より手が長いの?

本が大好きでマンガは勿論、小説や伝記なども読み漁っていた。
だからこの程度の言葉は知ってると思ってたよ( ノД`)

しかも、これをクラスのみんなの前で発表され大爆笑され
以降、クラス内外の男子から3年間アホ呼ばわりされる事となります。
でもおかげで本人、バカにされたくなくて一生懸命勉強しました。

そして中学2年の時。
馬鹿にされ、悔しくて。頑張って頑張って定期テストで一位を取ったのに
「お前、アホなのにになんで点数取れんの?むかつく」 
といわれのない中傷される、と怒ってました(笑)

一度ついたイメージを払拭するのは難しいですね。


ムスメのこと | 12:25:53
なぜそんなに欲しいものがある?
ダンナはお金を使うのが大好きです。浪費家とも言います。

そんな彼の信条は
・金は天下のまわりもの
・金は使ってなんぼ
・あの世に金は持ってけない
・人生一度きり。楽しく生きたい
・借金があった方が張り合いがある

正論ちゃ正論です。
でもダンナさん。それは先立つものが手元にある場合の話です。
毎月の赤字をボーナスで補填してる今の現状は、結構キツイ。

結婚してから買った車は7台(うち2台が新車)、引越5回
はまった趣味はボーリング・ゴルフ・金魚飼育。
これらの無駄遣いが無ければ、中古で買った住宅のローンはとっくに終わってた。
車だけでも、700万円以上支払ってます。

今はセレナに乗ってますが、次はエルグランドかヴェルファイアが欲しいと言ってます。
でも今の車は3年前に買ったばかりでローンも残ってるんだけどね。
そんなにコロコロ変えたいんだったら、いっそリースにしたらいいのに(♯`∧´)

ドライブしてて、高級車とすれ違うと
「ああいう車、俺が乗った方がかっこいいと思わない?」思いません(怒
「車はいいけど、乗ってるヤツは大したことないな」何さまですか?

私は車なんて、燃費がよくて移動できればいい。
軽でも充分だと思ってるくらいです。
なんであんなにグレードだの車種にこだわるのか理解不能です。



ダンナのこと | 10:15:21
ピカピカの高校一年生

娘は今春、無事志望校へ合格して、高校ライフを満喫しています。が。
娘の通う高校はいわゆる進学校です。
なので、授業についていくのが大変とぼやいてます(´・_・`)

下手すると今の方が受験期より勉強してるかも。
平日で2時間から3時間、部活のない休日はほぼ一日中。
去年の今頃は、部活に夢中で塾以外ではほとんど勉強してなかったです。

おかげで入試直前の3カ月間は、地獄の追い込みでした。
起きてる時間は全て勉強に費やすハメになってしまった。
でも、この時期はみんなが必死に勉強します。
頑張っても成績が上がらないんですよね。現状維持が精一杯。

なんとか志望校へ合格したものの、今度は同級生のレベルの高さに萎縮。
中学時代は生徒会長だった子、常に学年1位の子、模試では常にTOPレベルの子。
学業は勿論、運動神経も抜群のスーパーマンのような子がゴロゴロ。

中学までは、授業をちゃんと聞いて定期テストの前に追い込みをかければそこそこの成績は取れました。
でもさすがに、高校はそうは甘くなかったです。
お迎えテスト、定期テストどちらも今まで見たことないような点数と順位。

そりゃそうですよね。同じようなレベル。
同じように、いやそれ以上努力する子達が母集団なんですから。
覚悟はしてたけど、かなり悔しかったようです。
そして一言「中学校のテストは・・テストじゃなかった」←じゃあ何だったんだ?

そもそも、勉強に対する意識が違う。
勉強するのは当たり前。頑張るのは当たり前。
朝登校したら、ほとんどの子が教科書開いて勉強してるそうです。

まあ、娘の目指す大学は難関なのでこれでも足りないでしょうが。
担任の先生曰く。
娘の志望する大学だとセンター試験まで最低でも3000時間の自学が必要との事(゚д゚)

上を見ても下を見てもキリがないので、今自分ができる事をコツコツやるしかないですね。




ムスメのこと | 07:59:40
出会いは…

ダンナとの出会いは23才の時。
正直言って第一印象は悪かったです。

こう言ってはなんですが、ダンナは二枚目です(自慢ではありません)

口の悪い私の友人ですら

顔だけはかっこいいよね。足短いけど」

と言いますので。

けれどその当時の私はなぜか、二枚目=性格悪いと思い込んでました。
なのでダンナに対しても
「あー、こういう顔してる人って性格悪いんだろうなあ」と
勝手に妄想して勝手に悪印象を持っていました。

でも話してみると、性格はドリフと競馬と食べる事を愛する三枚目な楽しい人。
あら。なんか意外といい人じゃない。段々と気持ちが変化してきます。

なまじ最初の印象が悪かったので、あとは普通にしてるだけでも
勝手にどんどんイメージが良くなってくる。
第一印象が悪い。というのはメリットもあるんですね~。

今も性格は当時と余り変わってません。
ただ、見た目は…別人になりました。70キロだった体重が今は96キロです。
なんだか詐欺にあった気分です( ノД`)

娘は若かりし頃のダンナの写真を見て

「誰これ」

と驚いてました。
この年でこの体重。糖尿とか高血圧になってもおかしくない。
でも不思議と持病はありません。
あ、腰痛とかはありますけどね。

出会った当初とまではいかなくても、せめて10キロ痩せてくれたらなあ。
ちなみに私は結婚当時からそれほど変わってません。体重はね(^-^)

ダンナのこと | 07:00:02
水と油

私達夫婦は、結婚して21年目になります。

私とダンナは良くも悪くも色んな意味で正反対。
私は田舎育ち、ダンナは都会育ち。
私は大雑把いきあたりばったりB型、ダンナは真面目几帳面A型。

私は1人大好き、ダンナは淋しがり。
私は物欲ほとんどなし、ダンナはお買い物大好き。
ざっくりいうと私が陰で、ダンナは陽。

若い頃は、お互い自分の考えを譲らなくて衝突も多々あったけど。
最近は「こういうもんなんだ」と悟りました。

逆にピンチの時に、この正反対の性質が力(?)を発揮してくれる事もしばしあります。

そんなダンナは最近老眼が進み、自分の体の衰えにショックを受けてる模様。
でもダンナよ大丈夫。私も一緒に衰えてますよ(。-_-。)




テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

ダンナのこと | 07:00:38
自己紹介

私は現在46才。
毎日5時間ほどのんびり仕事してるパートタイム主婦。

夫は45才。上司のパワハラにストレス満開のサラリーマン。

娘15才。今のところ教師を夢見て難関大学を目指す高校1年生。

そして最近寝てばかりの老犬(♀)13才。

これが我が家の家族構成。
住宅、車、リフォームのトリプルローンをやりくりしながら暮らしてます。
どうぞよろしくお願いします(^-^)/

あいさつ | 08:25:39
今更だけど
ブログ始めてみようと思い立ちました。

理由は。
普段家族へ言えない気持ちを綴りたかったから。

ダンナへ。
結婚して
一緒に苦労して
一緒に幸せになろう
そう言ってもらえてとても嬉しかった。

正直、私は普通に結婚して普通に子供を産む
そんな生活ができるとは思わなかった。

朝起きてお弁当作って見送って
家の事をして仕事をして「おかえり」とみんなを迎える。

そんなささやかで幸せな生活をくれてありがとう。

娘へ。
産まれてきてくれて
私達の元へ来てくれてありがとう。

私には勿体ないほど、優しい子になってくれて本当にうれしいです。
あなたの存在は、あなたとの思い出は
私にとっても、パパにとってもかけがえのない宝物です。

どうか、私達以上に大切にしてくれる人と巡り合ってほしい。
そう願っています。

お父さんお母さんへ

自分達が食べるにも事欠く生活だったのに、産んでくれて
大切に育ててくれて、心配してくれてありがとう。
今まで苦労し通しだったから。たくさんたくさん幸せになって下さい。

産まれてきて
生きてて本当に良かった。
心からそう思っています。



未分類 | 18:58:13

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。