スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
40肩は突然やってきた
3年ほど前のことです。

ある日突然、左の肩が上がらなくなりました。
前にはかろうじて上がる。
でも、横と後ろにはまったく上がらない。

しかも、ふとした拍子に激痛が走る。
余りの痛さに息もできず、うずくまってしまうほどです。

調べてみると、どうやら40肩らしい。
しかし。40肩というのは、これといった治療法がない。
痛みがひくのをひたすら待つよりほかない。

予兆はありました。左手を動かす時に違和感が出ていた。
けど「なんか、動かしづらいな」と、思いつつも放置。
この状態で重たいダンボールを運んだ。が、これが良くなかった。

直後から肩が上がらなくなってしまう。
最初、筋違いか筋肉痛かと思いました。
でも、何日経っても痛みが引かない。むしろ悪化していく。

病院は嫌いなので、整形外科へは行きませんでした。
接骨院で鍼を打ちながら様子見することにした。しかし。
鍼を打った直後は気持ちいいものの、治る気配は全くない。

発症して1ヶ月間ほどは、日常生活のあらゆる所へ影響が出てきた。
手が動かせないので、かぶりものの洋服は切れない。
シャンプーもドライヤーも、思うように使えない。

一番困ったのが夜間痛。寝返りが打てない。

寝てる間は、意識していないので動いてしまう。
すると、激痛が走り目が覚める。これが夜中に何度も来る。
この期間は、夜まともに寝ることができなかった。

この生活が一生続くのかな。どうしよう。
と、絶望的な気持ちになりかけた頃に、痛みが和らぎました。

40肩には急性期と慢性期があるらしいです。
急性期は、安静にして冷やす。
慢性期は、温めて軽い運動をするのがいいらしい。

ここでちゃんと動かしておかないと、可動域が狭くなるとのこと。
そこで、激痛が引いてからは、極力肩を動かすようにしてきました。

痛みはほとんどなくなった。けど、今も若干動きがぎこちない。
きっと運動不足なんだな。いや。年のせいか?
なんて思ってたら。今度は右肩が怪しくなってきた。

一定の方向へ動かすと、痛みが出る。
やばい。やばいよ。
もしかして今度は、右肩が40肩になっちゃうのか。

やだなあ。右手は勘弁だよ。
利き手に支障が出ると、包丁すら持てなくなってしまいそう。
でも中には、両肩一度に上がらなくなる人もいるらしい。

両肩いっぺんなんて、生活できないじゃないか。
そうはならないよう、今一生懸命ストレッチに励んでいます。




スポンサーサイト
自分の事 | 09:53:57
お局と新人くん
今勤めてるパート先に、新人が4名ほど入ってきました。
事務職の女性パート3人。営業職の男性正社員1名。

男性は、32才独身。営業の経験は無し(カズさんとします)。
接客の経験はあるものの、営業のイロハもわからない。
よって周りの社員さん達は、一から業務を教えてます。

最初はベテラン営業さんに同行したり、現場へ出て受付していた。
慣れないながらも、1ヶ月頑張って仕事をこなします。

そして先週のこと。
独り立ちの準備として、まず電話応対を任せることにしました。
いきなり本番はアレなので、私達も協力してロープレを行います。
ぎこちないながらも、一通りはこなせるのでいざ本番へ突入。しかし。

ここでわが社のお局、ハナさんの洗礼を受ける事になります。

まず一発目。
カズ 「お電話ありがとうございます。○社、カズでございます」
相手「U社の田中と申します。管理部の鈴木さんはいらっしゃいますか?」
カズ 「少々お待ち下さい」

ここで保留にして、隣の席の先輩へ聞きます。
カズ 「U社の田中さんて人から、管理部の鈴木さんへなんですけど・・・」
先輩 「管理部は、奥の部屋だから行ってごらん。鈴木さんいるから」

ウチの会社は、同じフロアに約50人ほどの人員がいます。
部署も6つほどに分かれてる。社内全体だと軽く100人は超える。
勤務して1年半経つ私も、全員の顔を把握していない。

最初は部署も人の名前もさっぱりわからない。
案の定カズさん、誰へ取り次いでよいかわからず戸惑います。

この時は、先輩に案内してもらい、無事電話を取り次ぐ事が出来ました。
するとそれまで黙って見ていたハナさん。
カズさんへ厳しく注意を入れます。

ハナ 「今度からは、座席表見て取り次いで。渡してありますよね」
カズ 「あ・・はい。わかりました」
ハナ 「他の人にいちいち聞かないで、自分で判断しないと」
カズ 「はい」
ハナ 「今は隣に人がいるからいいけど、聞ける人がいない時もあるから」
カズ 「はい」

聞いてて「それはまだ難しいよな」と感じてしまった。
カズさんは電話応対はもちろん、オフィス業務自体が初めて。
しかもこれまで外回りに行ってて、社内の人員配置や顔までは覚えてない。
下手すると、同じ部署の私の顔と名前すら一致してないに違いない。

慣れてしまえば何て事ないけど、電話取って人を探して取り次ぐ。
これが簡単なようで、意外と難しい。特に人の多い会社は尚更。
この段階だと、応対だけでいっぱいいっぱい。

加えてカズさんは気質なのか、若いからなのか
言われた言葉をそのまま解釈する。
「暗黙の了解で、気を利かせて動く」

といったことが、まだまだできない。
営業の仕事をする上で、これはちょっとマイナスの要素。
でも鍛えていけば、ぼちぼちなんとかなるか。

今の時点では、そんな感じ。器用そうなタイプでもない。
一人前になるのは、かなり時間がかかりそう。
とは思うものの。ハナさんの要求レベルは高い。

これ以降も、何度かこのようなやり取りが続きます。
ハナ 「調べて、見てわかることは聞かなくてもできるようになって」
カズ 「はい」

カズさんからすると、不安なまま・間違えるよりは、聞いてから進みたい。
ハナさんからすると「なんでこんな簡単なことをいちいち聞くの」。
両者の思惑はかなり離れていた。

実はこの前日、私も同じような注意を受けました。

続きます。

自分の事 | 09:37:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
専業主婦というハードル
学生時代から、友人が多い方ではありませんでした。
今も友人と呼べる人は、1人2人ほどしかいません。

それも私が勝手に友人と思ってるだけです。
相手がそう思ってくれているかはわかりません。
私にとって唯一無二の友人ですが、向こうは私以外の友人がたくさんいる。これってやきもちかな

しかも私と友人は距離的にはかなり遠くに住んでいる。
必然的に、1年に数回電話でやりとりする位の関係です。

元々社交的な性格ではないこの気質。
あとは、連絡をまめに取らないからかなーと思ってます。
お友達の多い人を見てると、電話やLINEを駆使してこまめにやりとりしてる。
ズホラな私にとっては、異次元の世界です。

ウチは今の家を購入するまで、転居を繰り返してきました。
ですから、同じ人と長い付き合いをするという事もなかった。

子供がいない時は、何も感じませんでした。
でも、出産後はちょっと考えるようになった。

私は一人でもいいけど、子供はたくさんの人と触れ合ってほしいな。
と思いましたがそうは問屋がおろさない。

妊娠してから、いろいろな集まりに参加しました。
でもどこも既にグループが出来上がってた。
母親教室でも公園デビューしても児童会館でもぽつん。

自分は一人でもいい。でも子供はやっぱり、子供同士で遊ぶと表情が違う。
娘は私と違い社交的な性格です。どこへ行ってもすぐお友達が出来ました。

一方の私にとってはかなりの苦行。
それでもママさん達の輪の中に入ろうとした。
けどやっぱり、出来あがってるママ友関係は強い。
子供同士が楽しそうに遊んでいても、それとなく距離を置いてくる。

「もうそろそろ、お家入って遊ぼう。じゃあ、○○ちゃんママ、後でウチきてねー」
と置いてきぼりにされたり。

娘と一緒に遊んでる自分の子供へ
「こっちきて、○○ちゃんと遊んであげてー」
と、一緒に遊んでる娘から引き離したり。

大人に相性があるように、子供にも相性がある。
娘が仲良くしたがる子供のママさんに限って、性格が悪く、
逆に娘と合わない子供のママさんは、いい人が多かった。と思う

悶々とした日々を過ごしましたが、娘が1才過ぎた頃転機が訪れました。
家を購入する事になったのです。

それまでの貯蓄を頭金でほとんど使い果たしてしまった。
子供がいなく、共働きの期間が長かった私達夫婦。
その時の生活レベルを落とす事なく、好きなようにお金を使いまくった。

毎月の家計は赤字。ボーナスで補填してやりくりする生活が続きました。
けどやがて、ボーナスでも補填できない非常事態となった。
家計が厳しい状況になり、私は働きに出ることにしました。

保育園だったら、たくさん子供がいる。
1人や2人、相性のいい子がいるだろう。
仕事を始めるのはいい機会かもしれない。そう思いました。

最初は、迎えに行っても1人で遊ぶ姿が多く、やきもきしましたが
次第に保育園にもお友達にも慣れ、楽しく過ごしてくれるようになった。

そして、私も仕事をしてる方が余計な事を考えなくてよかった。
身体はきつかったです。時間もなかった。
でも精神的には、かなり楽になりました。

これからも雇ってくれる場所があるなら、ずっと働き続けたい。
これといった友人知人がいない私。
仕事をしなくなると、きっとダンナ以外に誰とも話さない。そんな日々を過ごす。

専業主婦になったら、時間を持て余すに違いない。
一日数時間でもいいから、一生働いていたい。そう思うのです。





自分の事 | 08:57:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
いじめる人間の心理
私は、同じクラスの女の子をいじめた事があります。中学1年の時に。
ちょうど、私自身もいじめられていた時期です。
自分もいじめでつらい思いをしているにも関わらず、同じ事をしていたんです。

話しかけられても、無視したり
トイレの中へ閉じ込めて、出られないようにしたり
持ち物を隠す、といった幼稚な事もしました。

いじめた理由は明白です。自分の生活が上手くいってなかったから。
学校へ行けば、いじめられる。家に帰れば、親が暗い顔してる。
その当時、私の家庭は借金だの、弟の知的障がいが発覚だのトラブル続き。

どこにいても、なにをしても楽しいことなんてなかった。

昔の歌でありましたよね「弱い者がさらに弱い者を叩く」
これは、本当に的を得てると思います。
どうせ、叩くならいじめた奴らに歯向かっていけばよかったのに。

大人しくて、なにも言わない子を選んでいじめてた。
今もこうして書いてても、自分のクズっぷりが恥ずかしい。

適切な言い回しではないのでしょうが
「金持ち喧嘩せず」
これって、本当だなあと思います。幸せな人、満たされた人が他人を攻撃することはない。
(サイコパスのような人格障害の人間を除いてですが)

いじめる人間っていうのは。
自分の思い通りにいかない境遇を他人にヤツ当たりする事でうっぷんを晴らす。
自分より、幸せそうな人を妬んで、不幸を望み
自分より、秀でた人を貶め、優位に立とうとする。
当時の私がしてたことが正にそれ。

かといって、いじめて気が晴れるかといったら、そうではなかった。
私も普通の人間。自分が悪い事してるとわかってた。自己嫌悪も感じた。
やればやるほど、精神がささくれだっていくのがわかりました。
喉が乾いてるのに、海水を飲んでますます喉が渇く。そんな感じ。

いじめられてた時といじめてた時どちらが、つらかったかと聞かれたら。

いじめてた時の方が精神的にはキツかった。というか、おかしかった。
いじめっていうのは、麻薬のようなもの。
やってるうちに段々エスカレートしていく。

自分で感情がコントロールできなくなってくる。
次第に自分が怖くなってきた。
このままだと、殺してしまいかねない。(過激な表現ですいません)

途中で気付いた私、苛めるのをやめました。
そして、距離を置いた。
とにかく考えないように、見ないようにしました。

今、いじめてた彼女に会ったら、きっと私はまっすぐ顔を見られない。
謝っても謝りきれない。いえ、謝ることすらできないかもしれない。

普通は、たとえ上手くいってなくても、砂を噛むような思いをしても
歯を食いしばり、時間がかかっても、自分の中で折り合いをつけていく。
それなのに。私には、人として大切なものが欠落してました。



自分の事 | 08:02:19
いじめられてる時に思った事
身も蓋もない言い方ですが、
いじめって、無くならないと考えてます。
学生時代もそうですが、会社、ご近所さん、ママ友関係。
どんな集団にも大なり小なり、いじめのようなものは、ある所にはありました。

いじめてる側というのは、特に子供の場合などは意外と無自覚な場合も多い。
これはきっと感性の問題なのかな。
勿論、無くなるような努力はすべきですが、全部無くせるか?

そう聞かれると、難しい。そう思います。

私自身、いじめる方もいじめられる方も経験があります。
いじめられてたのは、小学校6年から中学1年の時。
同じクラスの女子からでした。

無視されたり、文房具を壊されたり、靴を隠されたり
「雑魚」だの「こっち見んな」なんて言われたりもしました。
ひどい時は、男子を使って蹴飛ばしてきたりしました。

なぜいじめられたのか、はっきりとした原因は、よくわかりませんが、
私の何かが気にくわなかったんでしょう。
だって、同じクラスとはいえ、話した事もない女子でしたから。

いじめられてる人間というのは、自分が悪いわけではないのに
絶対に人には相談できません。特に親には。
心配かけたくない、それもあるでしょうが私の一番の理由は

いじめられてる自分がカッコ悪い
そう思ってました。不思議です。
いじめられてる時はもちろんつらかったです。
でも、学校へ行きたくないとか、死にたいとか、そこまでは思わなかった。

同じクラスの女子に、庇ってくれるような人はいなかったけれど、
別のクラスだった親友が慰めてくれた。これが大きかった。
私と仲良くしてると、自分もいじめられるかもしれないのに
それでも友達でいてくれた。これが私の前へ進む大きな力になりました。

そして私自身も、どちらかというと「悔しい」この感情が強かった。
どうしよう、どうやったらコイツらを見返してやれるだろうか。
そんな事を考えて、出した結論がこれです。

「勉強して、成績を良くして、先生に一目置かれるようにしてやる」
「コイツらと一緒の高校には死んでも行かないぞ」

当時は、テストの点が良い子は、お便りなどで順位が発表されました。
私はこれに名前が載るように、とにかく必死に勉強した。
勉強してる間は、イヤな事も忘れる事が出来るので、一石二鳥でした。

小学校時代と違い、中学にもなれば状況が変わる。
成績の良しあしだって、多少は同級生の敬意の対象となります。

お便りに名前が載る頃には、あからさまないじめは無くなりました。
無視は続きましたけど。先生と仲良くできたことも、功を奏しました。
先生だって人間です。勉強を頑張る子には、なにかと目をかけてくれます。

そうして中学2年になりクラス替え以降。
平穏な日々を送る事ができるようになりました。

こういう経験があるので、いじめが原因で自殺するお子さんのニュースを目にすると、とても悲しくなります。
本人の無念さもさることながら、親御さんの
「気がついてあげられなかった。なにもしてあげられなかった」
と泣き崩れる姿を見ると、本当に胸が痛みます。

違う、そうじゃない。
親御さんが気がつかないんじゃない、本人が必死に隠すんだよ。
悪くもないのに、自分が悪くていじめられると思ってしまうんだよ。

そして私は思うんです。庇ってくれなくてもいい。
でも一人でもいいから、気持ちに寄り添ってくれる人がいてくれたらと。
「大丈夫?」
「なんでこんな事するんだろうね。」
いじめられてる時の、やさしい一言はとても心に沁みるから。


自分の事 | 08:28:32
待てない女
私はせっかち、というわけではありませんが、待たされるのが嫌いです。
(テーマパークなどのような場所は、最初から諦めてるので平気です)

特にイラッとするのが、ATM。

銀行の中に何台もあるような場所はまだいい。
問題はスーパーの中など、1台2台しか設置してないATM。
こういう場所だと、私は買い物用の現金を引出す用事しかない。すぐ済みます。

でもたまにいるんですよね。台数の少ないATMにも関わらず、
通帳を何冊も持って、記帳して、振り込んで、また記帳してって人が。
こういう人に限って、後ろに大行列ができてても知らん顔。
2、3分位ならまあ、許容範囲。でも5分超えると人間性を疑ってしまう。

なんなんだよ。全部口座振替にしとけよ。
そんなに、たくさん振り込みたいんだったら、銀行のATM行きゃあいいのに。
アタマ悪いんじゃないの?と心の中で毒づいてます。

でもそう思うのは私だけではないはず。
だって、私の前後で待ってる方々もため息ついてるし。
待ってる人の中には「早くどけ!」、と言わんばかりの咳払いをするオジさんだっている。
それでも、待たせる人は周囲の冷たい視線など気にせず、絶対どかないんですけどね。

つまらない事でイライラしたくありません。
なので給料日や年金支給日前後には、極力ATMへ近寄りません。
同じ理由で、病院も苦手な場所のひとつです。

病院というところは、何時間待たせても、ちっとも悪いと考えないのでタチが悪い
子供の病気の時はしょうがないので、何時間でも待ちます。がまんがまん

私自身、アレルギー体質で、春と秋には必ず耳鼻科のお世話になります。、
でも大体、どこへ行っても1時間2時間待ちは当たり前。
冗談じゃない。どこかないのか?待たない病院は。ずっとそう思ってた。
なので、探しましたよ。混んでいない耳鼻科を。そしてやっと見つけました。

いつ行っても、患者さんはいない。いても一人二人で待たされない。
待ち時間はほぼなし、診察も3分で終わり。
あとは吸入して薬もらって終わり。早い早い♪

別にヤブ医者ってわけではないんですけど、すいてるんですよね。
多分、先生が余計な事を話さないせいかも。患者さんもアレコレしつこく質問しないし。
混んでる病院って大体、先生も患者さんもよく長い時間話し込んでますよね。

今通ってる耳鼻科とはもう5年以上のおつきあい。
お互い出る症状や、相性のいいお薬もわかってる。信頼のおけるお医者様です。

ただひとつ心配なのは先生がご高齢なこと。多分もう60歳は過ぎてる。
後を継ぐ若先生のような人も、見た限りはいない感じ。
ここが無くなったら私、また病院ジプシーになってしまいます。
先生、お願いです。長生きしてくださいね。



自分の事 | 08:13:08
貸した金返せよ
人にお金を貸す時は、あげると思って貸す。

よく聞く言葉ですが、これ本当です。少なくとも私の経験則では。

実家の両親はお人よしというか、田舎者というか
借金の連帯保証人になって、代位弁済したり
貸したお金を返してもらえなかった、などという事がよくありました。

そんな両親を見て育ってきたので私は
「絶対、他人にお金なんて貸すもんじゃない」
そう思ってました。なのに。私も同じ轍を踏んでしまった。

独身時代ですが、私は3人の友人にお金を貸した事があります。

1人目は50万円、返してもらえず、トンズラされ
2人目は20万円、これものらりくらりかわされ、トンズラされ
3人目は10万円、この友人だけは、きちんと期日に返してくれました。

それ以降、お金の貸し借りを身内以外にした事はありません。

1回目で気づけよ、って思いますよね。その通りです。
私の頭はお花畑だったんですね。きっと。
友達が困ってるんだから、助け合わなくちゃなんて青臭い考えだった。

3回目に貸した友人は、一番仲が良く、大好きな人でした。
その友人は、あちこちのサラ金から借金してました。
借りられる所からは全部借りきってしまっていた。

どうしても、家賃の振込ができない。
キャッシング枠が空くまでの1カ月間だけ、貸してほしい、との事でした。

さすがに3回目なので私も
「返してもらえないかもな。でもいいや。そうなったらそうなったで仕方ない」
と覚悟して貸した記憶があります。
でも約束の期日に、約束通りキャッシングしてお金を持ってきてくれた。

借りたものは返す。当たり前の事をしてくれただけなのにとても嬉しかった。
その友人とは今もおつきあいをしてます。
お金の貸し借りはこの1回きりです。
もし、あの時返してくれなかったら。

お金は勿論だけど、その友人も失ってしまっていた。
私にとって、とても大切で大好きな人です。
返してもらってよかった。本当に、今でも心からそう思います。

自分の事 | 07:58:10
更年期のカラダの変化
一生のうちで排卵する卵子の数って決まってるそうですね。
私は、月経は21日周期で短く、子供も一人しか産んでません。
ですから、閉経は早いだろうなーとは思ってました。

40才手前で、周期が狂いだし
42才位で、3ヶ月に一回の周期になり
44才で月経が止まりました。
現在は、最後の月経から2年以上経ちます。

周期が狂いだした時に、婦人科で検査したところ
月経を促す2つのホルモンのうち、
1つがほとんど分泌されてない事が判明。
お医者さんは清々しいほど、きっぱり言いました。

医師「老化ですね。」
要は、自然現象ってことか。病気ではなさそうだ。

医師「妊娠を望むのであれば、ホルモン補充しますが、どうしますか?」
私としては、もう子供を産むつもりはなかった。
無理にホルモン補充をする気もなかった。

老化という時の流れに身を任せることにしました。

実家の母が、閉経後の何年間かとてもつらそうだったので
私も「更年期障害」覚悟してますが、今の所は大丈夫そうです。

私の場合、月経が重く出血は多く頭痛もひどかったし
排卵期はイライラして、過食とかしてました。
閉経後は、これらがピタリとなくなり私としては
「楽チンになったわ♪」
と思ってました。

閉経した年に受けた、健康診断の結果を見てびっくりです。
それまで、検査で引っかかる事なんかなかったのに
判定結果に要観察が出てしまいました。

IMG_結果

なんだなんだと思い、詳細を見てみると
コレステロール値が前年よりかなり上がってます。

IMG_20160901_091608 (1)

私、病院が大嫌いなので、再検査など勿論行きません。
で色々調べてみると、どうやら閉経するとコレステロール値って上がるものみたいですね。
自然現象のようなものなので一安心しました。

でも、やはり閉経後は体重が少しづつ増えてきた。
老眼も進んできた(これは閉経は関係ないか)。
髪の毛もボリュームが無く薄くなった。

保湿力も格段に落ちて、うるおいがなくなってきた。
肌のかゆみ、目のかすみ、咀嚼時の喉のつっかえ感も出てきた。
閉経を機に、これらが加速したような気がします。

月経がある時はうっとうしいと思っていたけど。
女性ホルモンの力は偉大でした( ´_`)
女性が男性より長生きする理由はこの辺にあるのかな。

などと勝手に思ったりしてます。


自分の事 | 06:17:33
エステと借金と私 その3【追記あり】
お恥ずかしい話ですが、私はクレジットの仕組みを全然わかってませんでした。
話を聞きながら、ぼんやり

「お金無い時は、相談すれば待ってくれるのかなあ。
途中でやめたら、残りの回数分は返金してくれるのかな」
などと、甘い事を考えてました。

当時の私の給料は月に手取りで約10万円。
寮住まいの為、家賃や光熱費はかかりませんでした。
贅沢しなければ、貯蓄もして充分余裕のある生活ができた。
こんなものに、お金を使わなければ、の話ですが。

エステの契約は90万円ですが、分割で支払うので手数料が10万ほど。
頭金を5万円入れ、月々4万5千円の20回均等払い。
支払総額合計は100万超えました。。
カタカナで言われるとなんか、軽く感じます。でもこれ借金です。日本語で言ってくれよ。

この契約をした時、私はまだ19歳でした。
未成年なので当然、親の承諾が必要だった。
なのに

「保証人欄に親御さんの名前書いてね。大丈夫よ。連絡は行かないから」

本来であれば、親が署名しなけれないけないのに私が代筆。
そして、親に承諾の連絡も取らない。
とんでもないですよね。これ、ゴネれば契約自体無効になる話です。

今こうして書いてて、段々腹がたってきました。
アホだ私。



続きを読む >>
自分の事 | 07:28:14
エステと借金と私 その2
一番最初にサロンへ行った時の事です。
私は5,000円を支払えば、その場ですぐ施術してもらえるものだと考えてました。

でも、いざ行ったら責任者のようなおばチャン(40才位)が出てきて
「施術の前にカウセリングをします。ではまず体重を量りましょうか」
・・量りましたよ。50キロでした。
あと、ウエストと太ももも計測しました。
ちなみに私の身長は157㎝です。
痩せても太ってもいない、ごくごく標準体型といったところでしょうか。

だがしかし、おばチャンは辛辣でした。
「今の体重だとちょっと多いわね。アナタの身長だと45キロ位が理想ですよ。」
美容体重ってやつですね。でもですね。
そのおばチャン、どう見ても私より太ってます。
顔はアンパンマンみたいだったし、お腹も出てた。

今の私なら絶対言ってやるのに
「お前が言うな(`∀´)」と。
でもその当時の私は
「年を取って太るのはいいけど、私の年齢でこの体重だとまずいんだ」
と思ってしまったんです。何故だろう?

で、理想体重まで落とすには100回位通ってもらわないといけない。
5,000円というのは、あくまで契約してくれた人に対するサービスだ。
今は、キャンペーンをやってるので特典がついてお得だ。
その他にもいろいろ、まくしたてられたような気がしますけど、
今となってはよく覚えてません。

そして、契約書を持ってきて
「じゃあ、ここに記入してね」
と言いながら、ペラペラ説明を始めました。
この説明もよく覚えてません。何故なら契約金額に目が釘付けになったから。
金額は90万円、となっていました。

90万円の契約の内訳は
施術100回分+5万円分の美容クリーム

勿論、私はこの金額にビビりました。
「こんなお金ないです。払えません」
と断ると、おばチャンは爽やかに言いました。
「大丈夫よ。クレジットがあるから」


自分の事 | 07:37:43
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。